ECO科学のホームへ

フォルダをドライブ化する方法

SUBSTコマンドで仮想ドライブ化します

  • よく使うフォルダを仮想ドライブとして利用するとアクセスしやすくなり作業がはかどるようになります。
  • CドライブのWINDOWSフォルダをWドライブとして利用するには次の手順で設定します。
  • スタートボタン-すべてのプログラム-アクセサリ-コマンドプロンプトをクリックします。
  • SUBST W: C:\WINDOWS と入力しEnterキーで決定します。
  • これでCドライブのWINDOWSフォルダをWドライブとして利用出来るようになります。
  • サブフォルダでも仮想化することが出来ますが、ロングファイルネームのフォルダは仮想化出来ないので注意が必要です。
  • 仮想ドライブを解除したくなった場合は、次の手順で仮想ドライブを解除します。
  • スタートボタン-すべてのプログラム-アクセサリ-コマンドプロンプトをクリックします。
  • SUBST /D W: と入力しEnterキーで決定するとWドライブを削除することが出来ます。
節電・防災・防犯販売館





川島和正メルマガ無料登録 ← 参考になることがいっぱいの無料メルマガ
Copyright ECO科学 since 2009.11.22
inserted by FC2 system