ECO科学のホームへ

IFERROR(値,エラーの場合の値)

エラーの場合に表示する値を指定します

  • IFERROR関数は一つ目の引数に指定した値がエラーになる場合、二つ目の引数に指定した値を返す関数です。
  • 実際に使用する場合は一つ目の引数に計算したい関数を入力し、二つ目の引数には計算がエラーになった場合に表示したい値を入力します。
  • よく利用するケースとしては、客単価などの割り算で分母がゼロの場合にエラーを回避する場合などです。
  • Excel2007以降のバージョンで追加された関数のため、それ以前のバージョンで利用することは出来ません。


節電・防災・防犯販売館





川島和正メルマガ無料登録 ← 参考になることがいっぱいの無料メルマガ
Copyright ECO科学 since 2009.11.22
inserted by FC2 system